遊び雲

西宮の障害者支援NPO「遊び雲」は、
地域活動センターと居宅介護事業の2つを中心に活動しています。

space space01 space02
NPO法人遊び雲 兵庫県西宮市青木町12-5 0798-75-6340 asobigumo1122@cocoa.plala.or.jp
西宮の障害者支援NPO 遊び雲は、居宅介護事業と地域活動センターの2つを中心に活動しています。
地域活動支援センターきんとーん作業所 居宅介護事業所遊び雲

障害者運動、阪神淡路大震災と障害者

遊び雲代表 福永年久 活動のあゆみ

1970年代から障害者の権利を獲得するための闘いを続けて来た私たちの代表、福永年久のあゆみをご紹介しています。

「福永年久 活動のあゆみ」

地域活動支援センター
きんとーん作業所

きんとーん作業所は、1988年に西宮市に住む脳性まひの障害当事者たちが、「自分たちが地域で生きる場、活動や発信の拠点となる場所をつくろう!」と立ち上げた通所作業所です。

2012年からは地域活動支援センターに移行し、身体、精神、知的障害のメンバーが様々な活動を行っています。メンバーが自分らしさを発揮して豊かに生きる場、地域の人にとってもホッとする場所を目指しています。

「きんとーん作業所の
役割」

通所メンバーの方々の

活動の場

仕事の場

居場所としての場

車いす写真障害者の方々の中には、自分の意思を表現し伝えることが、難しい人、親・兄弟など家族と暮らしている人、自分の意志で一人暮らしをしている人など様々です。

2003年4月より居宅介護サービス事業開始して以来、私たちはそんな障害者の方々が地域でイキイキと生活できるよう活動を続けています。

「遊び雲の役割」

居宅介護

重度訪問介護

通院等介護

移動支援

のぞいてみよう!遊び雲の仕事の現場
障害者介護
外出援助
ガイドヘルプ写真

障害者もアクティブに!
利用者さんとの外出は驚きと発見の連続。
ガイドヘルプを例に1日の流れをご覧になれます。

泊まりの介護
ガイドヘルプ写真

利用者さんのお家に泊まってお世話と見守り。
でも具体的にどんな様子なのか、ちょっとだけ覗いてみませんか?

入浴介助・家事援助など
入浴介助写真入浴介助写真

利用者さん宅で食事づくり、週に何回は病院に付き添って・・・。
このようにヘルパーの仕事は様々です。これら一つ一つをどうこなしているのでしょう?
居宅・通院介助の1日を見てみましょう。


スタッフ募集しています。

遊び雲でお仕事しませんか?

障害者介助のお仕事は、利用者さんとの日常を通して
「思いがけないステキなこと」に出会うことができる・・・
そういうお仕事でもあるのです。

スタッフKさん

「言葉を発さない重症心身障害のMさんとの外出。
介護者も道に迷った挙げ句、何とか辿りついた駅にはエレベーターがない!
どうしようと思っていたら階段昇降機があり駅員さんが頑張って階段を上げてくれたんです。
するとMさん、今まで見た事もないような大笑い。
遊園地の乗り物みたいに思われたのか、新たなMさんの一面を知り、とっても面白かったです。
生活の中の楽しみを一緒に共有できるお仕事だな、と思います。

「長い間、家族だけの関わりしかなく、なかなかご自分から思いを話してくれなかった車椅子のYさん。
家以外の生活の場を広げようと3年越しに家族の了解も得て通い始めた通所施設。
初めての一泊旅行を控えて、突然Yさんが私に向かって、
「お土産何がいいですか?」
と聞かれたんです。
家族の方と一緒にびっくりし、とっても嬉しかったです。
閉ざされた思いが、色んな経験や人との出会いで少しずつ開かれていく。 そんな場面に立ち会うことができる仕事ですね。

スタッフSさん

会報「KSKP 遊び雲通信『こんちくしょう』」より

遊び雲が毎月発行している会報「遊び雲通信」からコラムを一部公開中!

  • 2018/08/24

    6月のワルツ   高瀬さとみ

    6月のワルツ 高瀬 さとみ 歯医者さんに行った帰り道、和菓子屋さんに寄って「水無月」を買い求めた。帰り着いて、早速お茶を淹れて赤と白の水無月をいただいた。もちもちと柔らかい、くちざわり。程よい甘さで何とも美味しい。大好き […]…

≫ 記事一覧ページへ

遊び雲のFacebookページでも最新情報を発信しています